E-Conception.org アロマの部屋 HOME E-Conception.org アロマの部屋 E-Conception.org アロマの部屋 おやすみ猫の自己紹介 E-Conception.org アロマの部屋 通信販売
E-Conception.org アロマの部屋 ご注文方法
E-Conception.org アロマの部屋 お買い物カゴ
▼HOME▼アロマ▼クレイ▼手づくりコスメ▼布ナプキン▼クリスタル  E-Conception.org アロマの部屋 サイトマップ
E-Conception.org アロマの部屋 実験記録、体験談 E-Conception.org アロマの部屋 よくある質問と回答 Q&A E-Conception.org アロマの部屋 エッセイ E-Conception.org アロマの部屋 メルマガ E-Conception.org アロマの部屋 自己紹介 E-Conception.org アロマの部屋 通信販売

ハッピー・エネルギーの「輪」(1)

〜 E-Conceptionの現状とこれから 〜


E-Conceptionは2000年のブランド設立以来、元気に成長を遂げ、多くの方から高いご評価とご愛顧をいただくようになりました。通販をご利用いただいている方はもちろん、ご質問やご声援、そして商品についてのフィードバックをくださった方々、いろんな形でご協力くださったみなさまのおかげです。本当にありがとうございます。

3年目に差しかかったところで、みなさまへの感謝を込めて、E-Conceptionの現状と今後の展開についてご報告させていただきたいと思います。

E-Conception.org アロマの部屋


E-Conceptionブランド設立を振りかえって


「アロマの部屋」は私、福島がなんのアテもなくオーストラリアに移住してきた1年後、1996年からスタートしました。もともとは、なにげにハマったアロマに過ぎなかったのですが、趣味が嵩じてアロマ情報ページを立ち上げたところ、日本の方々から商品取り寄せのリクエストをいただくようになり、やがて支援してくださる方が次第に増えていき、ついに2000年、オリジナル・ブランド設立に至ったものです。詳しい経過は「アロマ物語」等エッセイとして駄文を連ねておりますので、ご興味の方はご覧ください。

大げさにいえば、日本で持っていたものをポイと捨てるように、いきなり右も左もわからない異国にやってきての、文字どおり「ゼロからのスタート」でした。コネもカネも英語力もないゼロ状態。そこから丹念にゆっくりと、自分なりに積み上げてきた結果がようやく形になってきたものです。物理的な形だけでなく、ブランドを立ち上げるときに目指していた「ミラクル」さえ、既にあちこちで起こっているようです。

私にとっては、E-Conceptionブランドの成長ぶり、そのこと自体がミラクルでもあります。最初は趣味としてしか考えていなかったし、まさかこれで生活できるようになるとは想像もしていませんでした。なにしろ、当時は異国にやってきたばかりで、これから自分が何をやって生きていったらいいのか、全然わからない手探り状態。ホントーにビンボーでしたしね(^^;)。それが、自分がやるべき道を探し当て、まがりなりにもビジネスと呼べる程度に成長し、「これこそ我が天職!」と思えるほどの喜びを味わいながら毎日仕事できる、充実した生活が実現したわけです。最近では「ああ、これが私が渡豪してきた理由なんだ、私はこういう生活・生き方を求めてここへやってきたんだなぁ」と妙に納得しています。こんなにハッピーなことはありません。

が、私だけじゃないんですね。お客さま個々人の経験の中でも、E-Conceptionをキッカケに何か大切なことに気付いたり、次のステップに行く勇気と自信が湧いて来たり、心なごむ瞬間に出会えたり…。そんなうれしい数々のご報告をいただいています。「本当にミラクルってあるんだなあ」と、言いだしっぺが今更ながら感動させられています(^^;)。

ミラクルなんて大げさなことでなくても、日常のメールのなかで、「E-Conceptionの営みが誰かを少しでも幸せにできた」と知ると、とてもうれしくて、「やっててよかったぁ」という喜びと、感謝の気持ちが自然と湧き上がってきます。E-Conceptionをキッカケにして、みなさんが幸せになっていただける。これは、とってもステキなことです。

E-Conception.org アロマの部屋


E-Conceptionの原点と目標


常に心がけてきたのは、「品質のよい商品に、私なりのハッピー・エネルギーを付けて、お送りしよう」ということ。

こう言うと、「エネルギーなんてまたワケわかんないこと言って・・・」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、いや、本当にそういうのって存在するんですよ。前回のエッセイ「ブランド設立物語」でもご紹介したように、エッセンシャルオイルの香り実験で、「そういうのってあるかも」と真面目に捉えるようになりました。そして、更なる実験を続けているうちに、「もう絶対あるって」と認めざるを得なくなってしまいました。

エッセンシャルオイルは植物の血・命でもありますから、言ってみれば「生きている」わけです。生き物ですから人間のエネルギーにも敏感に反応します。扱う人によって香りだって変わっちゃうのです。だから、最初のうちは「エッセンシャルオイルは大事にしなくちゃ」と思っていたのですが、これエッセンシャルオイルに限ったことではないのですね。すべてのモノにはエネルギーがあり、人間とのインタラクションによってそれが変化するんだってことが、次第に身をもって感じられるようになってきました。

そんなの「気のせい」だと思われる方、一度先入観を除けて実験してみてください。一番分かりやすいのはエッセンシャルオイルです。あなたの気持ちの入れ方ひとつで、効いたり効かなかったりしませんか? もっと卑近な例でいえば、同じレシピで作ったお料理も、「愛情」込めるかどうかで、味が変わりませんか? 「気のせい」なんかじゃないくらい、結果に現れます。気の持ちようでモノのエネルギーは変わる。このことを身をもって知ったことが、E-Conceptionの原点になっています。

E-Conceptionの目的は、みなさんにハッピーになっていただくこと。ハッピー・エネルギーを商品に託してお届けすることによって、商品を受け取ったみなさんがハッピーになってくれるよう願う。そんな「想い」を大切にしてきました。形で見えることではないし、立証のしようもありません。一人よがりの自己満足でしかないかもしれないけど、感じてくださっているお客さんは確実に増えています。そんなフィードバックをいただくたびに、「通じる人には通じるんだ」「単なる自己満足じゃないんだ」と、自信が持てるようになりました。

ハッピー・エネルギーをお届けするためには、まず自分が幸せじゃなきゃダメなんですね。神様じゃないんだから、自己犠牲では続きません。また、その幸せを独り占めしていてもダメで、その暖かさを廻りに広げようとする努力をしなければいけません。ハッピーの磁場みたいなものを自分の廻りに作って、その磁場をより大きく広げていく努力をしないと。

言葉でいうと簡単そうですが、私のような凡人が遂行するのはそう簡単じゃありません。ましてや毎日継続するには、相当な精神的努力が必要です。いくらノーテンキな私でも仙人ではありませんので、時には苛立ったり爆発したり落ちこんだりします。そういう時にいつも思うんです。「私がこんなだったら、商品たちにネガティブのエネルギーが入っちゃう。そんな商品を受け取ったらお客さんたちに申し訳ない」と。そうやって、自分を叱咤激励してやってきました。おかげさまで、心のメンテナンスも上手になってきて、私自身が大胆にハッピーを感じられるようになってきたようです。人生山あり谷ありだけど、どんなことがやってきたって私は大丈夫。そういう自信もついてきました。

本当にみなさんにハッピー・エネルギーをお届けできているのかは測定のしようもありませんが(^^;)、常に意識、目標はソコにあります。また、発信したわずかなハッピー・エネルギーが廻りまわって大きくなって戻ってくることも最近実感しています。こうして、雪だるま式に膨らんでいけば、いずれは世界中がハッピーになるはず(^^;)。こんな壮大な夢・理想があるからこそ、単なる通信販売ビジネス以上に、喜びと遣り甲斐を感じていられるんだろうと思います。

E-Conception.org アロマの部屋


実務面の向上と、サプライヤーの協力


精神面だけでなく、プラクティカルな面でも向上してきたものと自負しています。より正確で素早く、かゆいところに手が届く対応を目指して、日夜努力してきました。読みやすく分かりやすい情報ページを充実させることは勿論、製造・在庫管理・受注・梱包・発送システムも、当初に比べればずっと洗練されてきました。また受注数が増えるに従って、サプライヤーや関係各社にも、こちらが望む対応・グレードを要請しやすくなったこともあります。

といってもほとんどが手作業ですから、ある程度のミスは避けがたく起きてしまいます。ミスが起きた時には、同じミスを二度と起こなさいシステム改善に尽力してきました。結果的に、ご注文品がベストの状態で、速攻で間違いなくお手元に届けられる確率は限りなく100%に近づいていると思います。それでも、解決すべき問題は次から次へと出てくるわけですけど、また問題が出てくるからこそ、解決しがいがあるというものです(^^;)。

新しいサプライヤーもずいぶん開拓しました。信頼のおけるサプライヤー探しはなかなか難しいのですが、それでもこちらのニーズをよく理解して対応努力してくださるサプライヤーもちゃんとあります。また相変わらずサプライヤーは私のいい「先生」でもありまして、商品情報やレシピ・作り方、アイデアや規則などなど、いろいろと教えていただいています。最初は1社との取引から始めましたが、今では商材のサプライヤーだけでも20社を超えています。

サプライヤーとの関係も次第に暖まってきて、とってもいい感じです。ファミリービジネスなもんですから、子連れでミーティングに行ったりするんですけど、嫌がらずに歓待してくれますし。しかし、どの会社にとってもベビーカー押してオムツ持参で「取引してくれ」って乗り込んできたの、私が初めてみたいですね。当時はそれ以外に方法がなく、真剣そのものだったんですが。最初は担当者もぶっ飛んだんじゃないかなあ。でも、子供たちがサプライヤーの皆さんを魅了してくれたおかげも、あるのかもしれません。

ここまで来るには、道すがら、たくさんの人たちのお世話になりました。お力をいただいた方、一人一人に感謝すると同時に、これからはいただいたパワーをもっと大きく社会還元していきたいと思います。実は、そのための構想も練りはじめています。


つづく・・・


Copyright 1996-2016 © E-Conception Pty Ltd