E-Conception.org アロマの部屋 HOME E-Conception.org アロマの部屋 E-Conception.org アロマの部屋 おやすみ猫の自己紹介 E-Conception.org アロマの部屋 通信販売
E-Conception.org アロマの部屋 ご注文方法
E-Conception.org アロマの部屋 お買い物カゴ
▼HOME▼アロマ▼クレイ▼手づくりコスメ▼布ナプキン▼クリスタル  E-Conception.org アロマの部屋 サイトマップ
E-Conception.org アロマの部屋 実験記録、体験談 E-Conception.org アロマの部屋 よくある質問と回答 Q&A E-Conception.org アロマの部屋 エッセイ E-Conception.org アロマの部屋 メルマガ E-Conception.org アロマの部屋 自己紹介 E-Conception.org アロマの部屋 通信販売 E-Conception.org 今月のスペシャル
E-Conception.org アロマの部屋 よくある質問と回答 Q&A
− Frequent Asked Questions−
《クレイ・バージョン(1)》






Q1: クレイは金属などを侵食するそうですが、たとえば銀歯など歯の詰め物や指輪などもクレイによって変質することがあるのでしょうか?


A:
    確かにクレイには金属を侵食し、錆びさせる作用があります。たとえば、金属面にクレイをちょっとこぼしただけでも12時間も経つとそこの部分が錆びてきます。また、クレイバスでも、たとえば栓についてる鎖部分は次第に錆びが付いてきたりします。本当にパワフルな作用です。

    ですが、私たちが日々利用するにあたっては、そんなにナーバスになる必要はないです。私も最初はビビりながら使ってきましたが、長いこと付き合っているうちに分かってきました。

    金属が変質するまでには時間がかかります。クレイを使ったトリートメントをする時間(クレイバスやパックで15〜30分程度)に、変質するようなことはまずないです。指輪についても同じことで、ずっとクレイに触れさせていたら錆びるでしょうが、クレイパックをしている間に錆びがニョキニョキ生えてくるなんてことはないです(^^;)。万一、錆びてきたら錆びてきたで、その時点で錆取りすればいいですし。

    同じことが、身体に入っている金属についても言えるんですよね。たとえば、金歯や銀歯はどうなるんじゃ?という。これに対するお答えも、「目に見えるんだから、自分で気を付けながら使えばよいでしょう」ってことです。

    実際、私はクレイ歯磨き粉を毎日愛用しています。本当に歯茎も歯も健康になりました。私も昔から虫歯だらけでして、銀やら金やら沢山詰まっているんですけど、これらが錆びたことはありません。歯磨き所要時間など知れたものですし、常に唾液が流通しているわけですから、そう簡単には作用しないんでしょうね。
    ただ、銀歯などがある方は、すすぎをよくするよう気をつけるといいかもしれません。

    ところが、これが避妊リングを入れている場合だと、錆びているかどうか、日常的に確認するわけにいきませんよね。だったら、触らぬ神に祟りなしってことで、膣にクレイが入るような方法では使わない方がいいだろう、と。たとえば、クレイバスや、膣炎対策にクレイパウダーをクレイウォーターをスプレーする、などという使い方は避ける、ということです。

    また、関節などにボルトが入っている方、最近のボルトは酸化チタン製だと聞きますので、錆びることはないでしょう。心臓のペースメーカーも酸化チタン製が多くなっているそうですから錆びる心配はないでしょうが、クレイがペースメーカーの電気信号になにがしかの影響を与える可能性がないとはいえませんので、大事をとって胸付近へのクレイセラピーは避けたほうがいいと思います。

    ところで、「クレイを水と混ぜる時には、金属容器を使用しないで」という注意事項があります。これは、「クレイかきまぜ用に、金属製のスプーンや容器を常用していると、やがてスプーンや容器も錆びてくるし、クレイ自体も変質してくるのでよろしくない」という意味であって、「少しでも金属と接触させたクレイを使ったら体に害が出る」というほど繊細ではありません。クレイが金属と反応するまでにはある程度(少なくとも数時間)はかかりますから、すぐに使っちゃえばまず問題はないでしょう。




Q2: クレイの正しい保存方法について、教えてください。


A:
    これはあんまり深く考えなくていいです(^^;)。クレイはエッセンシャルオイルやキャリアオイルと違って、酸化やら腐敗やらすることはありませんし、温度による影響も(40度以上の高熱でなければ)受けません。放置しておいても、品質を劣化させずに長期保存できます。

    注意するとしたら、次の2点です。

    1)保存容器について

    完璧な状態で半永久的に保存したいと思うならば、ガラス容器が一番安全です。それも透明なものに入れて、日光があたるような場所に置いておくのがベスト。
    クレイは日干しにより活性化するわけですので、皆さんの手元でも日光にあててあげると太陽のエネルギーをまたまた吸収してくれます。日があたる窓際など、理想的ですね。

    プラスティックやポリエチレン容器はクレイが侵食するかもしれないという説もあります。が、最近はプラスティックといっても様々な種類が出まわっているので、一概にコメント出来そうもありません。薄手の安っぽいふにゃふにゃしたヤツはダメだけど、厚みのある丈夫なものならOK、などと言う人もいます。

    いわゆるビニール袋のような素材ですと、長期保存しているうちにクレイがビニールを侵食することはあると聞きますが、侵食された状態は見たことがありません。

    E-Conceptionではプラスティック(PET)容器に入れて販売していますが、これは郵送中の破損を避けたいためです。気になる方はガラス容器に移し替えて長期保存してください。ただ、E-Conceptionで使用しているPET容器は、オーストラリアで「食品グレード」として認可された容器で変質しにくいため、そのまま保存用に利用しても問題ありません。

    さらに、「お試しサイズ」は郵送中の安全性とコスト面からビニール袋を採用しています。長期保存される方はガラス容器、PET容器などに移してご利用ください。

    2)湿気について

    使用する前に水分に触れさせてしまうと効果が減退してしまいます。もともと強力な吸着・吸収力をもつ物質ですから、湿気を避けてしっかり密閉してください。

    ※クレイに精油やキャリアオイルなどを加えた状態で保存したい場合には、遮光性のある容器をご利用ください。クレイに混ぜられた精油やキャリアオイルなどを光にあてると、酸化・変質することがあります。



Q3: クレイペーストを作るときのコツを教えてください。また、クレイペーストは作り置きできますか?


A:
    まずクレイをガラス(あるいは陶器)の容器に移してから、クレイの半分〜同量程度の水を加えて、そのまま放置します。5分も待てば自然とクレイが水を吸収していって、なめらかなペースト状になります。もし、ペーストが硬すぎるようなら更に水を足し、ペーストがやわらかすぎるようならクレイを足します。キャリアオイルやはちみつ等を加えることもできます。

    クレイペーストは作り置きもできます。水分が蒸発してしまうと作用力が落ちますので、乾燥させないように密閉できる容器(金属は避けて)に保存してください。ただし、クレイは作りたてが一番元気!ですので、必要以上には作り置きしないほうがいいと思います。

    ※クレイペーストにキャリアオイル、はちみつなどの素材を加えると、劣化しやすくなります。密閉容器に入れて冷蔵保存し、2〜3日を目処に使い切りましょう。カビが生えていたり、異臭がするようなら捨ててください。




Q4: クレイパックはどれくらいの頻度で行うべきでしょうか?


A:
    脂性肌、乾燥肌、敏感肌など、なんらかの症状を改善を目的とするトリートメントの場合には、次のような頻度で行ってください。
    • 最初の1週間は毎日
    • 2週目は、6回
    • 3週目は、5回
    ・・・という具合に頻度を次第に減らしていきます。改善が見られたら、あるいは日常のフェイス・トリートメントが目的でしたら、週に1〜2度で十分でしょう。あまりクレイパックばかりしていると肌を乾燥させすぎてしまうこともありますので、ご注意ください。

    また、肩凝り、腰痛、持病などを軽減するために行うトリートメントとしては、クレイ湿布のほうが効果的です。クレペーストをフェイシャルシート(クレイ湿布用シート)に包んで患部に固定します。しばらく放置してクレイペーストが乾燥したら、また湿布を取り替えます。





Q5: クレイパックをすると、なかなか乾かない部分があるのですが、なぜでしょうか?


A:
    クレイは水分と一緒になることによって仕事を開始し、仕事が終わると乾燥します。つまり、「なかなか乾かない部分」については、まだクレイが仕事を終えていないということです。

    もちろん、クレイペーストを均一に塗ったかどうかにもよりますが、あまりにも乾燥時間に差がある場合、その「乾かない部分」にはなんらかの症状があるということでしょう。クレイが頑張ってヒーリングしてあげたくなるような、不調和、兆候、問題など。クレイの仕事が終わるまで、ゆっくり待ってから、洗い流すようにしてください。
    同時に、その部分に五感で判別できる症状がないかどうか、よくチェックしてあげてください。

    ちなみに、時々、全身をクレイペーストで覆い、日光浴をすると、身体の各部位の健康度をチェックすることができます。自分では気付いていない肌や内臓のトラブルも、こうすることで早期発見できるそうです。




Q6: クレイをボディパウダーとして使うと、静電気が起きることはありませんか?


A:
    クレイをボディパウダーとして使用しても静電気は起きません。ペットの毛並みのお手入れなどに使えば、静電気防止にもなるはずです。




Q7: クレイのpHはどれくらいなんでしょう? 洗浄作用があるということは、アルカリ性なのではないかと思うのですが。


A:
    クレイの種類にもよりますが、中性に近い性質を持ちます。E-ConceptionのグリーンクレイでpH7(中性)、ホワイトクレイではpH5程度(弱酸性)になります。人間の皮膚は中性〜弱酸性ですから、クレイは肌に対して刺激がなく、大変マイルドであることがわかります。

    石けんは弱アルカリ性ですが、クレイは石けんのように、皮脂を無理やり取り除くような作用はありません。クレイが肌をお掃除するカラクリは、イオン化したクレイの浸透圧作用によるところが大きいのです。水と交わってマイナスイオン化したクレイが余分な脂分や老廃物を抱き込みます。これがクレイパックを洗い流すときに、一緒に洗い流されてくるわけです。洗浄のカラクリが石けんとは全く違うことがお分かりいただけるでしょう。石けんは過剰に皮脂を吸収してしまい肌に刺激を与えがちですが、クレイは要らないものを抱き込んでお掃除してくれるわけです。

    ※「オーストラリア産ベントナイト」のようにアルカリ性のクレイもあります。




Q8: クレイバス使用後、そのままお湯を排水溝に流しても、管が詰まったりしないでしょうか?


A:
    クレイ粉が目詰まりを起すという可能性はなきにしもあらず、ですね。「The Clay Cure」には、クレイ粉が浴槽の底に沈むのを待ってから、それをすくって捨てましょう、といったことが書かれています。でも、これは一度に何キロも使った場合のことですので、浴槽いっぱいに片手ひとつまみ程度のクレイを入れている分には、わざわざすくって捨てるほどの量ではないと思います。

    私の経験では、3年以上、ほぼ毎日のようにクレイバスを利用していますが、排水溝が詰まったということはありませんでした(かえって排水溝の臭いが消えたような気もします)。もっとも、クレイピースなど、時に完全に溶けずにダマになったまま底に沈んでいることはありますので、それは手で取り除きますが、お湯に溶けたクレイ粉の心配まではいらないのでは?と思います。





Q9: 自動循環式のお風呂ではクレイバスを利用してはいけないようですが、追い炊き式のお風呂、ステンレス製のお風呂については、どうでしょうか?


A:
    クレイは金属を錆びさせる作用があるので、クレイバスでも金属部分は錆びてきます。そのため、「風呂がま(←金属が使われている)には使わないで」と注意を呼びかけています。

    栓の穴のまわりとか、栓の鎖については、錆びてきたら目に見えてわかりますから、その時点で軽く掃除してあげれば、錆びは落ちます。目に見える部分については、自分でコントロールできるから、そう気にしなくてもいいだろうってことです。
    ステンレス製のお風呂の場合は、浴槽だけのことならば錆びてきたら目で確認できますから、注意しながら使えばよいと思います。

    ところが、これが風呂がまの中になりますと、見えません。知らないうちに釜に穴が開いていたとか、機能自体が壊れるという可能性もあるんじゃないかと・・・。「風呂がま総とっかえ」なんていう事態になるやもしれず、そうなったら修復費用が大きいですからね。

    実際に、循環式のお風呂で毎日のようにクレイバスをしていたら、風呂がまが故障した、という報告も聞いています。
    要するに、バスタブのなかに「パイプ穴」があるお風呂では、クレイバスはしないほうがよい、ということです。

    バスタブのなかに「パイプ穴」がある場合には、浴槽の中にはクレイをいれず、他の方法でご活用ください。たとえば、たらいや洗面器を利用して、足浴、手浴、座浴などの部分浴に利用するとか。部分浴って目的にもよりますけど、意外と効果的ですね。

    なお、クレイが錆びを起すことによる人体への影響ですが、クレイバスの成分そのものも変質するにせよ、クレイバスにつかっている15分ほどの間に、いきなりその害が身体に入ってくるとは考えにくいです。




Q10: 「使用済クレイを再利用すると、クレイが吸収した毒素が戻ってくる」という説があるそうですが、実際にはどの程度の害(反作用)が出るのでしょう?


A:
    え〜、これはよく分かりません(^^;)。「The Clay Cure」や「Aroma & Clay therapy」という本には「クレイには反作用がある」ということが書かれているんですが、もう10年近くクレイとは付き合っている私は、一度も実感したことないです。というか、ふつうに利用していて反作用の心配をしなくちゃいけないような状況ってないのですね。

    ただ、乾燥したクレイペーストをいつまでも皮膚につけっぱなしにしていると、摩擦と密閉により皮膚反応を起こすことはあります。(この状態を見て、昔の人は「反作用」だと思ったのかもしれませんね…)

    日頃お使いになる上では、そんなにナーバスになることはなく、「勿体ないから再利用しちゃお」という気持ちを捨てさえすれば、まず問題はないと思います。




Q11: 1回のクレイバスに、家族で順番に入ってもいいでしょうか?


A:
    とても慎重に発言するなら、オススメできません。理由は先にご説明した「反作用」への危惧があるからです。といっても、クレイの反作用がどれほどのものかが分からないので、だったら「触らぬ神に祟りなし」で避けておいたほうがいいだろう、という、その程度のことです。

    クレイの反作用説が真実だとすると、最初にクレイバスに入った家族の毒素が、あとから入る家族の体内に戻ってくることになりますよね。「そんなバカな」とは思いますが、逆に「そんなことは絶対にありえない」という立証にも出会ったことがないので、なんともいえません。興味のある方は是非実験してみてください(^^;)。ご家族が皆さん健康ならば、さしたる害は出ないでしょう(ってことは、さしたる立証にもならないってことか・・・)。

    そう言っている私は、子供たちが3ヶ月になってから、毎日一緒にクレイバスに入っています。洗剤も一切使わず、クレイだけで子供たちのお肌はつるつるになるし、ミルクや汗の匂いも消えるので、重宝しています。「反作用」理論からいえば、私の身体から出た毒が、子供たちに戻ってきてもおかしくはないわけですが、子供たちは至って元気です。

    私と子供たちのお風呂が終わったあと、しばらくしてから夫が同じクレイバスに入ることがありますが、目に見えた影響は出ていません。夫の汗臭さも消えるので、クレイはしっかり仕事してくれているのでしょう。でも、誰かが入ったあとのクレイバスって、けっこう臭うので、あんまり心地いいものではないかと思います(^^;)。

    どうしても、というときは、誰かが入ったクレイバスにクレイを足してから入ってはどうでしょう? 新しく仲間入りしたクレイが働いてくれるでしょう。




Q12: クレイバスにつかったあとは、かけ湯をしたほうがいいのでしょうか? また残り湯は洗濯に利用できますか?


A:
    「かけ湯」はお好みです。クレイの粉が多少身体に残っていても乾燥すれば自然に落ちますから、かけ湯で落としても同じことでしょう。ただ、かけ湯をしないと、タオルに色がつくことがあります(洗濯すればとれます)。

    クレイバスの残り湯の洗濯利用についてですが、明確な反対理由はありませんが、クレイの色が洗濯物に付くという被害が出るかもしれませんのでご注意ください。私はレッドクレイ水で下着を手洗いして、赤茶色に変色させた経験があるので、ちょっと慎重派です(^^;)。でも、クレイ水で洗濯すると柔軟剤がいらないほどフックラ仕上るという話も聞きます。
    ホワイトクレイ(クレイバスにはあまり適さないんですが)、グリーンクレイならば、大丈夫そうです。
★→「よくある質問と回答 クレイ編」つづく


Copyright 1996-2016 © E-Conception Pty Ltd